動物の分類(セキツイ動物・無セキツイ動物)―「中学受験+塾なし」の勉強法

画像出典:https://hario-science.com/invertebrate/

理科の生物は(かなりの部分)「分類の教科」です。

「何が大枠で、何が小項目で、何が例外なのか」

「なぜそう分類されるのか?違いは何なのか?」

を常に意識しながら勉強しましょう。

中学受験等の試験で問われるのは、どれだけ正確に丁寧に

分類できていますか?という事です。

とにかく、どう分けているか・分けられるかが大事です。

 

動物の分類(セキツイ動物・無セキツイ動物)

「生物」が「動物」「植物」とその他3つ(菌類etc)に分けられ、

「動物」は大きく「脊椎(セキツイ)動物」と「無セキツイ動物」

に分けられます。体の仕組み(背骨の有無)で分類しているわけですね。

「脊椎(セキツイ)動物」→背骨がある

「無セキツイ動物」→背骨がない

画像出典:https://hario-science.com/invertebrate/

「背骨」がある脊椎動物と言えば、「人間(ヒト)」とか「マグロ」とかの

魚などですね。

無脊椎動物は、昆虫が一番メジャーでしょうか?

セキツイ動物の分類

理科は(かなりの部分)「分類の教科」です

「セキツイ動物」は

「魚類」「両生類」「ハチュウ類」「鳥類」「哺乳類(ほにゅう類)」

に分けられます

セキツイ動物の分類 - YouTube

ここでの「分類」は5つありますね。

「生活場所」「子供の産み方」「体表」「呼吸」「体温」

です。ポイントは「胎生・卵なしで親と似た子供を産む」のは

哺乳類だけという事でしょうか。

「卵」を産む動物で1回に産む卵の数が少ないのは「鳥類」です。

理由は、親が子育てをするからですね。魚類などは大量に卵を産みます

「卵」もさらに分類できます。卵に「殻(から)」があるかないかです。

卵に「殻」がある(乾燥に強い)のは鳥類とはちゅう類、両生類と魚類の

卵には「殻」がありません(乾燥あまり関係ない)。

呼吸法では「両生類」がポイントです。オタマジャクシとカエルが分かりやすい

ですが、子供の頃は(水中生活なので)エラで呼吸し、大人になると肺と皮膚で

呼吸します。

理科の分類で、試験上のポイントは、「例外」です。

セキツイ動物では、哺乳類だけが卵ではなくて胎生(たいせい・親と同じ形

で産まれる)ですね。

また、以下のように、入試や定期テストなどでは、

「へ~その分類なんだ~?」的なものが問われます(そういうトリビア的な

問題は、どうなんだって気もしますが・・・)

「ペンギン」―(飛べないけど)鳥類。殻のある卵を産む。

「クジラ」「イルカ」「シャチ」―(水にいるけど)哺乳類(胎生+肺呼吸)

「コウモリ」―(飛ぶけど)哺乳類(胎生+乳で育てる)

「亀」―(どっちなの?)は虫類

「イモリ」―(どっちなの?)両生類(ヤモリ、トカゲははちゅう類)

(「医療」と語呂合わせ、あるいは井戸を守るで井守でも良いです)。

 

無セキツイ動物の分類

理科は(かなりの部分)「分類の教科」です。

節足動物:外骨格+節がある。昆虫は別途詳細を学ぶ必要あり

     クモは昆虫ではない(足が8本ある)。

軟体動物:柔らかい+節がない。イカ、タコ、貝類(アサリ、ハマグリetc.)

それ以外の無脊椎動物:ゾウリムシなど単細胞生物もいる

 

動物の分類で間違えやすいもの

問題)次の動物を、「魚類」「両生類」「は虫類」「鳥類」「ほ乳類」「無セキツイ動物」に分類してください。

「ペンギン、サンショウウオ、カモノハシ、ヤモリ、アザラシ、サメ、

ダチョウ、イモリ、イルカ、カメ、シャチ、エイ、コウモリ、ワニ、

タツノオトシゴ、アシカ、ヘビ、イカ、クジラ」

解説)とにかく分類上「あれ、どっちだっけ?」というものが出題されます。

世知辛い世の中です。

ただし、いわゆる「例外」的なものを覚えてしまえば、後は「想定どおり」

ですので、それほど困難ではないかと思われます。

「ペンギン」―(飛べないけど)鳥類

「クジラ」「イルカ」「シャチ」―(水にいるけど)哺乳類(胎生+肺呼吸)

「コウモリ」―(飛ぶけど)哺乳類(胎生+乳で育てる)

「ヤマネ」―(冬眠する)哺乳類​

「亀」―(どっちなの?)は虫類

「イモリ」―(どっちなの?)両生類(ヤモリ、トカゲははちゅう類)

(「医療」(いりょう)と覚えましょう)

「カモノハシ」―卵を産むが、乳で育てるので哺乳類との事

ハリモグラも同様に哺乳類だそうです。知らんがな!)

カモノハシを写真・画像で観察 - NAVER まとめ

カモノハシはオーストラリアだけにいるとの事です。

9件】ヤマネ Dormouse|おすすめの画像 | 可愛すぎる動物, 動物, 動物 ...

冬眠する哺乳類「ヤマネ」

さらに「例外」として、「卵胎生」といって、卵を体の中でふ化

させてから子供を産む動物もいます。マムシとグッピーです。

ただし、どちらも哺乳類には分類されず、マムシ=はちゅう類、

グッピー=魚類です。