やがて哀しき中学受験―曲がりくねった道をまっしぐら

中学受験の後に娘が描いた絵です。

やがて哀しき中学受験―曲がりくねった道をまっしぐら

*執筆中です。上記の目次に沿って書いていきます

はじめに

この物語は、我が家の娘(2022年に中学受験をし、都立中高一貫校に

進学)の中学受験を時系列に沿ってまとめたものです。

おそらく、ほぼすべての中学受験生と同じで、良い事も悪い事もあり

ました。

「上がったり沈んだり」を繰り返し、何とかかんとかやり切ったという

お話です。

以下の話は基本的にすべて事実に基づいていますので、今中学受験をされている

方、今後するかもしれない方には、ある種のルポルタージュとして意味があるかも

しれません。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

4年生の秋・突然の表明

忘れないように日付入りでtwitterに上げておいたのが良かったです。

あれは2019年(令和元年)11月23日(土)、娘が突然、我々夫婦に

「ちょっと話があるんだけど」

と言ってきました。

当時、娘は小4の秋。いつになく真剣そうなので、下の子を実家に預け、

3人で駅前のやや敷居の高い喫茶店に。

娘「中学受験というのをしてみたい」

夫婦「ほ~。なるほど。良いんじゃない」

  「塾とか行くか?」

娘「う~ん。塾はな~」

ワイ「じゃあ、ワイが教えるよ」

という感じで我が家の中学受験は始まりました。

 

結構あっさりと聞こえるかもしれませんが、実際そんな感じでした。

娘の状況としては、ガチガチの習い事は特にしていませんでしたので、

何かと並行してという必要はありませんでした。

学校の成績はほとんど気にしていなかったですが、特別に良いわけでも

悪いわけでもなかったです。

ですが、結果として都立中高一貫校を「受検」しましたので、5年生と6年生

2学期までの報告書が必要になりますから、4年生の11月に言ってくれたのは

助かりました。5年生の1学期からは「あゆみ」の成績は、主要教科はほぼ

すべて一番左の「とても良い」になってきましたので。

(とはいえ、これも後々知るわけですが、都立中高一貫校に合格する児童の

多くは、体育等も含めて、「全優」みたいな子が半分以上いるようですね…

うちの子は最後まで、体育や家庭科等が真ん中でした…)

 

塾に行かなかったのは、総合的な判断です。

●夫婦ともに、学生時代、予備校講師・家庭教師等をしていたので「受験」は知ってる

●小学生を夜遅くまで塾に行かせて、夕飯を一緒に食べられないのは親も子も嫌だ

●中学受験の塾の費用が不要に高い

といった辺りです。

何にせよ、この4年生秋の「受験表明」から、すぐに受験勉強を始めました。

 

まずは「100マス計算」

僕は、仕事場と自宅が隣接しているのと、タコ社長をしているので、

ある意味時間は自由で、いつでも教えられます。

ですので、娘の「中学受験表明」の翌日からさっそく指導を始めました。

とはいえ、まずは

「この子は本当にやる気があるのか?」

「この子の受験勉強的な才能は?」

といった辺りを探らなければなりません。

特に、後者は親としては怖いと言えば怖いわけですが…。

また、受験に限らず、何事も「基本」が大事です。

ですので、まずは「100マス計算」から始めました。

 

11月24日からの1週間以上は、「100マス計算」だけをやらせました。

小4の秋ですから、「できる」のは当然で、それがどれだけ速くなるかを

見ているわけです。

結論を言うと、「やる気はある」「計算を正確に速くはボチボチかな」

という感じでした。

 

4年生の12月「本気でやるか」

4年生の12月の段階で、念のため再度本人の意思を確認して、

「じゃあ、本気でやりますか」

と家族で決めました。

 

ここからは「受験勉強」なのでガチの勉強です。

 

4年生の三学期からは、16時くらいに帰宅してから毎日必ず勉強

しました。幸か不幸か健康な子だったので、そのまま6年生の2月3日

まで、一度も風邪をひくことなく、本当に毎日勉強したと思います。

我が子ながら立派だと思います。はい。

 

具体的には、「100マス計算」を頭の準備運動として使い、国語・算数・

理科・社会の各教科を一歩ずつ進めるという形でした。

当初は、国立・私立・都立、特に「志望校」というものはなかったので、

いわゆる知識を入れていく、私立型の勉強をしていきました。

 

中学受験に限らず、「受験の1年前に一回は一通りの範囲を終わらせる」

というのは受験の鉄則です。大学受験なら高校2年生までに一回受験範囲を

終わらせるという事ですね。

中学受験の場合、5年生の間に全分野を一回終わらせるという事になります。

 

これは、ほぼすべての進学校や受験予備校等も同じやり方をしています。

僕はその点をよく知っているので、4年生の冬に本気で中学受験を始めた

時に、1年半(5年生の3月いっぱい)で全分野を終わらせるカリキュラムを

考えました。

何も先取りしてる自慢がしたいわけではなくて、ほとんどの進学校がこのやり方を

するのにはきちんとした理由があります。

それは、最後の一年間を「復習・記憶の定着+演習・過去問に慣れる」にあてられる

からです。

これは中学受験でも完全に同じです。

ですから、国語・算数・理科・社会の全分野を4年生~5年生までに一度終わらせる

事はかなり重要です。

なぜなら、その結果、小学校6年生の一年間を「復習・記憶の定着+演習・過去問に慣れる」

事にあてられるからです。

その前提で、4年生の間に各教科でした事は、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

算数+4年生:四則演算を完ぺきにする。正確さ+速さ

国語+4年生:語い(漢字等)は積み重ね・文章に慣れる

理科+4年生:全分野を何となく知る+習った所を深掘りする

社会+4年生:全分野を何となく知る+習った所を深掘りする

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

 

5年生・365日受験勉強

5年生の受験勉強は6年生と同じかそれ以上に大事です。

既に書いたように、

中学受験に限らず、「受験の1年前に一回は一通りの範囲を終わらせる」

というのは受験の鉄則です。

ですので、5年生の間に以下をすべてやりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*「計算」と「漢字」は毎日の準備運動として

★『塾技』の算数をすべて一通りサラッと

★『塾技』の理科をすべて一通りサラッと

★社会はこのブログの記事をもとに、地理・歴史・公民を一通りサラッと

★国語はミクニ出版の通称「銀本」を大問1問以上を毎日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  

とはいえ、「一回は終わらせる」のが主眼なので、決して、5年生の時に

「理解して難問を解けるようにする」必要はありません。

6年生の時に、まったく見たことも聞いたこともないという範囲をなくして

おくことが重要です。

 

この先取りのやり方は、おそらくサピックスも四谷大塚もほぼ同じ

だと思います。

 

5年生の時にきっちりと地に足をつけて受験勉強を進めたのが結果

としては良かったかと思います。

 

塾に行っていなかったので、他の事の比較や、自分の立ち位置が分かり

づらいというのは最初から懸念していたので、5年生の春・秋(夏には外に

オープンな模試は大手進学塾はあまりやらないようです)・冬から模試を

受けまくりました

5年生の秋くらいまで偏差値はあまり気にしませんでしたが(もちろん、

それなりには気になりますが…)、5年生の冬くらいからは

★四谷大塚の合不合で偏差値60以上!★

という数字的な目標を設定しました。

 

5年生の時(2020年)、いきなり4月からコロナの影響で、結構な

期間、自宅待機(正確にどういう呼び名だったかは忘れましたが、学校

が休み(オンラインでもなかった気がします))でその分受験勉強に

時間を割けたと記憶しています。

 

また、風邪をひくこともなかったので、本当に365日勉強をしていたの

ではないかと思います。

とはいえ、サピックスのように「3時間休みなしぶっ通し!」で授業といった

事は本人の適性的に向いてなかったので、コツコツゆっくりと積み上げる

感じでした。

毎日受験勉強はやってましたが、追い込む感じは全くなかったと思います。

 

明確な目標はない?「どこでも受かるようにしておけば良い」

 

 

6年生4月の四谷大塚合不合で良い感じ!

 

 

6年生の夏休み:ひたすら過去問

 

6年生9月の四谷大塚合不合…偏差値が上がらない…

 

6年生11月:娘から弱音が…

 

6年生11月:志望校を都立中高一貫校に確定

 

6年生12月~2月:適性検査対策!!!

 

 

6年生2月:いざ本番!!!

 

6年生2月10日―親父の一番長い日

 

 

おわりに:やがて哀しき中学受験―曲がりくねった道をまっしぐら