都立中高一貫校の倍率・2023年度(令和5年度)・一般枠:小石川・白鷗・両国・桜修館・富士・大泉・南多摩・立川国際・武蔵・三鷹

2023年度(令和5年度)の都立中高一貫校の倍率が2023年1月23日(月)

に東京都教育委員会から発表されました(一般枠)。

一般枠の倍率は、全体で4.45倍(2022年度は4.66倍)でした。募集人員が

1569人に対して、応募人員が6989人となっています。

最も倍率が高いのが、三鷹中等教育学校の5.78倍です。

出典:東京都教育委員会

 

都立中高一貫校の倍率・2023年度(令和5年度)・一般枠:小石川・白鷗・両国・桜修館・富士・大泉・南多摩・立川国際・武蔵・三鷹

【都立中高一貫校の倍率・2023年度(令和5年度)・一般枠】

小石川中等 募集155人 応募 男356人 女389人 計745人 倍率4.81倍

白鷗高校附属 募集164人 応募 男307人 女439人 計746人 倍率4.56倍

両国高校附属 募集160人 応募 男393人 女382人 計775人 倍率4.84倍

桜修館中等 募集160人 応募 男357人 女507人 計864人 倍率5.4倍

富士高校附属 募集160人 応募 男268人 女306人 計574人 倍率3.59倍

大泉高校附属 募集160人 応募 男323人 女411人 計734人 倍率4.59倍

南多摩中等 募集160人 応募 男308人 女354人 計662人 倍率4.14倍

立川国際 募集130人 応募 男213人 女281人 計494人 倍率3.8倍

武蔵高校附属 募集160人 応募 男246人 女225人 計471人 倍率2.94倍

三鷹中等 募集160人 応募 男404人 女520人 計924人 倍率5.78倍

※小石川中等教育学校の一般枠募集の男女別募集人員は、男子、女子各80名

から、特別枠募集での入学手続人員を、男女別に差し引いた数となります。

※白鷗高等学校附属中学校の一般枠募集の男女別募集人員は、男子、女子各85名

から、特別枠募集での入学手続人員を、男女別に差し引いた数となります。

 

一般枠の倍率は、全体で4.45倍(2022年度は4.66倍)でした。募集人員が

1569人に対して、応募人員が6989人となっています。

最も倍率が高いのが、三鷹中等教育学校の5.78倍です。

 

個別にみると、

立川国際 男-29% 女-23%

桜修館 男+7% 女+3%

大泉 男-6% 女+5%

三鷹 男-11% 女+6%

武蔵 男-1% 女-9%

両国 男-2% 女±0%

小石川 男+3% 女+6%

という感じです。

立川国際は付属小学校が開校して敬遠された感じでしょうか?

三鷹中等は2022年度に続いて、倍率が最も高い都立中学になり

ましたが、男子は10%以上減って、女子が6%増えています。

理由は・・・分かりません!

出典:東京都教育委員会

(関連記事)

立川国際中等附属小学校の2023年度募集要項・入試問題:全国初の公立小中高一貫教育校

 

まとめ:都立中高一貫校の倍率・2023年度(令和5年度)・一般枠:小石川・白鷗・両国・桜修館・富士・大泉・南多摩・立川国際・武蔵・三鷹

都立の中高一貫校は、高倍率が続いていますが、設立当初の「10倍を超える」

ような倍率はなくなってきました。

とはいえ、「記念受験組」がぬけただけで、実質的な倍率は高いままで、

偏差値的にも、四谷大塚の偏差値で55~70前後の難関~最難関の学校だけ

しかありませんので、「都立中高一貫校は入るのが大変」という事実はそん

なに変わらないかもしれません。

 

また、立川国際中等の倍率が下がっているのは、2022年4月に開校した、

東京都立立川国際中等教育学校附属小学校

の影響かもしれません。

(関連記事)

立川国際中等附属小学校の2023年度募集要項・入試問題:全国初の公立小中高一貫教育校