明治時代②中盤(1870年代~1890年):自由民権運動→国会開設の勅諭・内閣・大日本帝国憲法(応用編)―中学受験+塾なしの勉強法

(関連記事)

明治時代(1868年~1912年)の概略

明治時代の前半(応用編)

いくやまいまい、おおやいか、さかさか(明治時代の総理大臣の名前:語呂合わせ)

明治時代②中盤(1870年代~1890年):自由民権運動→国会開設の勅諭・内閣・大日本帝国憲法 この記事

明治時代③後半:日清戦争(1894~95)・日露戦争(1904・05)・日韓併合(1910)

明治の文化(文化史):思想・お雇い外国人・宗教・教育・文学

かならず、明治時代(1868年~1912年)の概略を先に読んで、基本をつかんでから

詳細に入っていってください。

 

明治時代中盤(1877~1890)の流れ:自由民権運動→国会開設・内閣・大日本帝国憲法

明治時代は45年でしたね?

「武士」の消滅→国会作ります!帝国憲法→日清・日露戦争

(その間ずっと「富国強兵・殖産興業・西洋化(文明開化)」

これが基本の流れです。

●富国強兵11:明治初期のスローガン。経済発展+軍事力強化。欧米に追いつけ追い越せ。

●殖産興業11:近代的産業育成の政策。国主導の資本主義化。内務省11と工部省11が中心。

●西洋化・文明開化ざんぎり頭9、ガス灯11、牛鍋7、レンガ造り(銀座)11、人力車11、鉄道馬車7

明治時代中盤(1877年頃(明治10年)~1890年頃(明治23年頃)は、

【自由民権運動→国会開設の勅諭(1881)→内閣(85)→大日本帝国憲法(89)】

この流れを抑えましょう。内閣制度ができ、憲法もでき、議会が開かれるという近代国家の

仕組みが進んだのですが、実際に政治を支配しているのは(非公式の立場の薩長の重鎮で

ある)「元老」(山県有朋とか黒田清隆とか松方正義とか)11だったりします・・・。

(明治前半には「不平士族」が反乱を起こしましたが、明治中盤には、資本主義の流れに

取り残されつつあった、農民が各地で反乱を起こしました)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【自由民権運動】11(1870年代~1880年代)

・(土佐藩出身で明治6年の政変で下野した)板垣退助の民撰議員設立建白書(1874年)11がスタート

国会開設、憲法制定などを要求した運動

・(薩長による)藩閥政治を批判

・政府から弾圧され、次第に衰退

【板垣退助】11(1837~1919)

土佐藩出身。征韓論で敗れて下野(明治6年の政変(1873年))。

1874年民撰議員設立建白書を同じ土佐出身の後藤象二郎等と提出。

立志社11、愛国社11(1880年国会期成同盟11)を設立(こういった団体を政社8・結社8といいます)。

1875年(明治8年)の「大阪会議」11で政府に復帰。

(政府は集会条例(1880年)11などでこれらの自由民権運動を規制)

1881年(明治14年)(国会開設の勅諭→)「自由党」11結成。

第2次伊藤博文内閣(1892~96)では内大臣10

(第一次)大隈重信内閣(1898年)でも内大臣。「隈板(わいはん)内閣」と呼ばれる

有名な「板垣死すとも自由は死せず」のセリフは、1882年・自由民権運動中に岐阜で暴漢に

襲われた際のものと言われる(その時は死なずに、以降も活躍した)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明治時代の前半(応用編)にまとめましたが、明治10年(1877年)頃までは、新しい

国づくりを着々と進め(1869年版籍奉還→1871年廃藩置県)、その過程で切り捨てられ

た「士族」(江戸時代の「武士」たち)が「不平士族」となっていった時代でもあります

(1873年徴兵令・1876年廃刀令、秩禄処分)。

その結果、九州(と旧長州藩)で、佐賀の乱、秋月の乱、萩の乱、西南戦争といった

士族の反乱が起こり、すべて明治政府に鎮圧されて、「武士」たちは消えていきました

同じ「不平士族」たちの、もう一つの流れが、西郷隆盛と同じく、「明治6年の政変」

で下野した板垣退助を中心とした「自由民権運動」でした。

(色々ゴタゴタはあったものの)

1881年に「10年後に国会を開く」と約束し(国会開設の勅諭)

1885年に内閣制度ができ

1889年に大日本帝国憲法ができました。

(国会開設の勅諭と大日本帝国憲法の語呂合わせ:はい(1881)約(1889)束守ったよ)

明治時代中盤は、

【自由民権運動→国会開設の勅諭(1881)→内閣(85)→大日本帝国憲法(89)】

このラインがポイントになります。

 

明治時代中盤(1877~1890)の年表

(1873年:明治六年の政変:岩倉使節団帰国→征韓論で対立→西郷隆盛、板垣退助等が辞める)

1874年(明治7年)民撰議院設立建白書(みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ)11:板垣退助。自由民権運動へ

1875年(明治8年)大阪会議11。板垣退助と木戸孝允が政府に復帰(立憲政体樹立の詔11)

(国会開設の勅諭と大日本帝国憲法の語呂合わせ:はい(1881)約(1889)束守ったよ)

1881年(明治14年)開拓使官有物払下げ事件11→国会開設の勅諭11→明治14年の政変11

           板垣退助が「自由党」(フランス流急進)を結成           

(各地で私擬憲法(憲法草案)11が作られる)

(農民反乱など:1882年福島事件11、1884年秩父事件11、1885年大阪事件11

1882年(明治15年):(下野した)大隈重信が「立憲改進党」(イギリス流穏健)を結成

松方財政11→松方デフレ7→1884年の秩父事件11など)

1885年(明治18年):内閣制度が始まる(太政官制は廃止)。初代内閣総理大臣・伊藤博文

1889年(明治22年):大日本帝国憲法の発布

1890年(明治23年):第一回衆議院議員選挙→第一回帝国議会

開拓使官有物払下げ事件11→国会開設の勅諭11→明治14年の政変

1881年(明治14年)、(後に2代目総理大臣となる)北海道開拓長官・黒田清隆が、

同じ薩摩藩出身の政商(政治と結びついた商人)五代友厚(ごだいともあつ)9に、

開拓使の官有物を格安(1500万円相当を38万円・30年払い・無利息!ほぼタダやん

け!癒着や!)で払い下げようとした事が明るみに出ます(開拓使官有物払下げ事件)。

世論は怒り、払下げは中止となりました。

世論をなだめるために、伊藤博文らが天皇に勧め、「国会開設の勅諭」

出されました。内容は「1890年までに国会を開く事を公約する」というものでした。

政府内で、大隈重信(肥前藩。東京専門学校(早稲田大学)を作った人)、国会

開設や憲法について急進的な意見を言ったので、「官有物払下げ事件をマスコミに

漏らしたのは大隈重信だ」的な事で政府を追放されました。これを

明治14年の政変と言います。

【語呂合わせ:1881~89国会と憲法はいやくそく守ったよ】

1885年には内閣制度が始まります。

いくやまいまい、おおやいか、さかさか(明治時代の総理大臣の名前:語呂合わせ)

いくやまいまい、おおやいか、さかさか(明治時代の総理大臣の名前:語呂合わせ)―中学受験+塾なしの勉強法

初代内閣総理大臣・伊藤博文(長州藩)、2代目黒田清隆(薩摩藩)

ほとんどの大臣は、薩長出身の薩長藩閥政府。

【(明治の)内閣制度のポイント】

・内閣制度ができて太政官制は廃止

内閣総理大臣は天皇が指名(そもそも元老が天皇に総理大臣を推薦するので、元老が権力持つ)

・内閣は「府中」4といわれ、「宮中」8と区別された

・内閣は(議会に対してではなく)天皇に対してのみ責任を負う

内大臣10:宮中と府中の別をきっちりするために設置。最初は三条実美

 

1889年(明治22年):大日本帝国憲法

1890年(明治23年):第一回帝国議会(国会):貴族院と衆議院

憲法(大日本帝国憲法と日本国憲法)

【大日本帝国憲法の特徴・ポイント】

欽定憲法(きんていけんぽう):主権者である天皇が制定した憲法

主権:天皇

・天皇の立場:君主+元首

手本:ドイツ(プロシア)の憲法

伊藤博文が中心に作った。発布時の総理大臣は2代目の黒田清隆

軍事:天皇が統帥権(とうすいけん)と言われる軍隊の指揮権を持つ

・基本的人権:臣民(天皇以外の国民)の権利は法律の範囲内で保障

・義務:納税、兵役

【大日本帝国憲法の具体的条文】

第1条 大日本帝国は万世一系の天皇これを統治す

第3条 天皇は神聖にして侵すべからず

第11条 天皇は陸海軍を統帥す

私擬憲法(憲法草案)11:民間の政社、結社などで作られた憲法案。1880~81頃★

 

1880年代前半:松方財政11→松方デフレ7→1884年の秩父事件

話は少し戻って1880年代前半。松方正義が大蔵卿をやっていた時代の

財政を『松方財政』11と言います。

紙幣整理(1881年)10・日本銀行(1882年)11設立

厳しい緊縮財政が松方デフレ7と呼ばれる不況を招き、農民を直撃しました。

その結果起こったのが、

福島事件(1882年)11、加波山事件(かばさん・茨城県にある山・1884年)

秩父事件(1884年・困民党9)11、大阪事件(1885年)11

などの農民反乱や自由民権運動復活の動きです。

まとめ

明治時代中盤(1877年頃(明治10年)~1890年頃(明治23年頃)は、

【自由民権運動→国会開設の勅諭(1881)→内閣(85)→大日本帝国憲法(89)】

この流れを抑えましょう。内閣制度ができ、憲法もでき、議会が開かれるという近代国家の

仕組みが進んだのですが、実際に政治を支配しているのは(非公式の立場の薩長の重鎮で

ある)「元老」11だったりします・・・。

元老:天皇に総理大臣を推薦したり、とにかくこの人たちが絶大な権力を持っていました。

   ほぼ薩長の有力者です。黒田清隆・伊藤博文・山県有朋・松方正義などです。

特に山県有朋(1838~1922、長州)は陸軍を支配し、元老としてかなり長い間、

実験を握っていました。

(関連記事)

明治時代(1868年~1912年)の概略

明治時代の前半(応用編)

いくやまいまい、おおやいか、さかさか(明治時代の総理大臣の名前:語呂合わせ)

明治時代②中盤(1870年代~1890年):自由民権運動→国会開設の勅諭・内閣・大日本帝国憲法

明治時代③後半:日清戦争(1894~95)・日露戦争(1904・05)・日韓併合(1910)

明治の文化(文化史):思想・お雇い外国人・宗教・教育・文学